ホーム
組合概要
出航基準
加入船紹介
連絡事項
イベント情報
関連リンク
 
 
 | ホーム | > 漁場利用協定
 
 
 
 
 
 
 
 
     
 
● アワビ・サザエ・アサリ・ハマグリ・ワカメ などを、取らないで下さい。
 
 
● トローリングやスキューバダイビングで、水産動植物を取ることは禁止されています。
 
 
● 集魚灯には、光力個数が制限されています。
 
 
● 沖合で釣りをされる時は、漁場利用協定にご協力下さい。
 
 
● 定置網近くでの釣りはやめましょう。
 
 
 
 
 
 
     
 
   水産資源の保護と漁場でのトラブル防止の為、漁業者(京都府水産業協同組合連合会)と、
 
 
   遊漁者(京都釣り船業協同組合)が「漁場利用協定」を結んでいます。
 
 
   (本協定は、京都府も支援しています)。この協定では、京都の主要天然魚礁である
 
 
   @白石礁 A大グリ B浦島礁 Cテンバグリ シモグリ に於いて、
 
 
   遊漁が出来る時間や遊漁を禁止している区域や時期などが決められています。
 
 
   また、宮津市黒崎沖の人口礁D(通称34海区)では、毎年マダイの稚魚を数十万匹放流し、
 
 
   一年中遊漁を禁止しています。
 
 
 
 
   沖合で釣りをされる時は、この協定事項をご理解頂き、一緒に守って下さるよう、
 
 
   ご協力をお願いします。
 
 
 
浦島礁 テンバグリ シモグリ 黒崎 白石礁 大グリ
   
 
 各漁場での協定の詳細は、
 
 右図のそれぞれの場所をクリックして下さい。
   
 
 
(冠島NW側定置網、期間、距離 火光制限)
浦島礁 テンバグリ シモグリ 黒崎 白石礁 大グリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     
 
   例:1船舶につき3KW以内の電球3個以内
 
 
   京都海区漁業調整委員会は、漁業者を主体とした行政委員会です。
 
 
   この委員会が資源保護や漁業調整をする規制を委員会指示と言います。
 
 
   [委員会指示遵守の知事命令違反→1年以下の懲役、50万円以下の罰金、科料等]
 
 
 
 
 
 
 
 
     
 
   京都府漁業調整規則違反になります。(罰則:6ヶ月以下の懲役、10万円以下の罰金)
 
 
 
 
 
 
 
 
     
 
   サケを河川でとると水産資源保護法違反で処罰されます。
 
 
                               (罰則:1年以下の懲役、50万円以下の罰金)
 
 
 
 
 
 
 
 
     
 
   水産資源への影響やそれを食する人の健康に害を及ぼす恐れがあることから法律で
 
 
                      禁止しています。(罰則:3年以下の懲役、200万円以下の罰金)
 
 
 
 
浦島礁 テンバグリ シモグリ 黒崎 白石礁 大グリ
     
 
Since 2006〜 Copyright (C) 2006-2008 by Kyotsuri, All right's reserved
 

浦島礁 テンバグリ シモグリ 黒崎 白石礁 大グリ